うつ病/パニック障害症状のご相談は板橋区のメンタルクリニックいたばしへ 東京都・うつ病 パニック障害治療 うつ病・パニック障害・チック症・選択性緘黙等の診療案内 医院の紹介・交通・最寄り駅・周辺地図 心療内科・精神科・神経科担当 院長の紹介
コンテンツ初めての方の受診ガイド  

その他の子供の病気

子供の頃に初発することの多い病気について説明します。環境などの改善で良くなる病気もありますので、気になることがある親御さんには早めの受診をお勧めします。

これらの項目は順次説明を増やしていきます。

チック症(チック障害)
選択性緘黙

その他の子供の病気

・ 学習障害

知的障害ではなく、字を読むことや書くこと、算数の能力など限られた領域で障害を示すものです。

・ 発達障害

・自閉症

1〜2歳頃にあやしても笑わないことや、視線が合わないことで気づかれることが多く、男児に多い病気です。コミュニケーションの障害が目立ち、同じ遊びを繰り返したり、鉄道など限られた分野に強く興味を示す場合もあります。

・アスペルガー障害

自閉傾向を示しますが、知能障害はなく、むしろ知的には優れている場合もあります。

・ 注意欠陥/多動性障害

落ち着きがなく、感情は不安定で、多動、注意集中困難などを示します。

・ 抜毛症(トリコチロマニア)

髪の毛やまつげを無意識に抜いてしまう障害です。

・ 不登校

小学校低学年の場合などは、分離不安(母親など依存対象から離れることの不安)によるものが多く、自然に回復することが望めます。しかし、中学生以上の場合は、他の精神障害が背景にあることもありますので注意を要します。

・ 思春期妄想症

自分の臭い、視線、顔などが他人に不快感を与えてしまうと確信する病気です。