大人の発達障害プログラム

大人の発達障害とは

発達障害とは、脳の発達過程が何らかの要因によって妨げられ、認知、言語、社会性、運動などの機能の一部の獲得が困難になった状態を言います。こだわりの強さや、社会性・コミュニケーションスキルなどの不得手によって、明らかになることが一般的です。また、社会人になると、求められる役割が複雑かつ曖昧になるため、これまでのやり方で対処しきれず、うつ病などの気分障害やストレス関連疾患といった二次的障害になる方もいらっしゃいます。しかし、発達障害は特性に応じた支援を受けることができれば、十分に力を発揮できる可能性があります。

大人の発達障害プログラムの目的

  • 自己の特性をより正確に理解、把握すること
  • 職場での困りごとに、より上手く対応できるようになること

大人の発達障害プログラムの対象者

  • 発達障害の診断を受けており、現在就労中、または求職中の方
  • 当院に通院中の方
  • 知能検査の結果が一定の基準を満たす方
  • プログラムに継続して通える方
  • 自らを傷つける気持ちはなく、集団行動がとれる方
  • 匿名性を保ち、参加者同士の距離を適度に保つことができる方

※大人の発達障害プログラム参加期間中は、当院で行われている別のデイ・ナイトケアプログラムへの参加はできません。

大人の発達障害プログラムの日程

大人の発達障害プログラム
曜日:毎週月・水・金曜(最大週3日利用)
時間:午後4時~午後8時
利用期限:最長6ヶ月間

大人の発達障害プログラムの内容

大人の発達障害プログラムの流れ

スタッフとの面談で利用期間、曜日、頻度を決定します。プログラムに参加するなかで、自己理解を深め、困りごとへの対処法を身につけていきます。設定した利用期間終了時に、プログラムを通しての自身の変化、および今後の課題や目標を整理し、卒業となります。

大人の発達障害プログラムの費用

当院は保険医療機関・生活保護法指定医療機関・指定自立支援医療機関の指定を受けておりますので、医療保険(一般3割負担)や公費負担制度(自立支援1割負担など)を利用してプログラムを受けていただくことができます。条件によって料金が変わってきますので、詳しくはスタッフまでお問い合わせください。

  月曜日 水曜日 金曜日
16:00~17:00 個人ワーク
(心理教育)
集団療法 運動・スポーツ
(主にヨガ)
17:00~17:10 休憩
17:10~19:00 SST
19:00 振り返り