思春期・児童のうつ病

思春期・児童のうつ病って?

お子さんもうつ病で苦しんでいる

うつ病の多くは成人にみられますが、子どもにも起こりうる病気です。ある調査では、小学生のおよそ10人に1人、中学生になると10人に2人が抑うつ傾向にあると言います。うつ病からひきこもりや不登校、非行などにつながる場合もありますが、本人も周囲の大人もこれが病気のせいだとは気付かないまま、苦しんでいる場合が多いようです。

双極性障害になる確率も高い

子どものうつ病は再発リスクが高く、また、気分が高まる躁(そう)状態とうつ状態を繰り返す双極性障害になる場合も多いです。いきなりよく喋るようになった、落ち着きがなくなったという場合にも注意が必要です。

気になる症状を見逃さない

子どものうつ病は主に食欲不振、睡眠障害などの体の症状としてあらわれます。大人と違って子どもは、自分の感情を周囲に伝える能力が十分に育っていないため、体にあらわれやすいのです。

早期発見、早期治療が大切です。お子さんの様子で気になる症状がありましたら、些細なことでも構いませんので、ぜひ一度ご相談ください。メンタルクリニックいたばしでは、ご家族の方からのご相談も受け付けています。

思春期・児童のうつ病の主な症状

体の症状

食欲不振(または過食)、身体痛、睡眠障害(不眠・過眠・早朝覚醒)、口数の減少、疲労感、行動制止(ひきこもり・不登校)、幻覚、妄想、意識混濁、多弁・多動(躁状態がある場合)

心の症状

憂うつ、無気力、無感動、孤独感、不安感、持続力・集中力の低下

思春期・児童のうつ病の原因

はっきりした原因はわかっていませんが、子どものうつ病は周囲の環境(勉強、友人関係、家族関係、近親者の死など)に大きく影響を受けるようです。また、遺伝的な要素も関係していると言われています。

思春期・児童のうつ病が発症しやすい年代と性別

  • 10代前半
  • 小学校高学年頃までは男子に多いが、中学生頃から女子に多くなる。