不登校

不登校って?

文部科学省が定義する不登校とは、年間30日以上にわたって、病気や経済的な理由などをのぞいた理由で、学校に行きたくても行けない、または行かないことを言います。少子化で子どもの数は減っているものの、年間17万人もの子どもたちが不登校になっています。小学校では約300人に1人程、中学生になると約30人に1人程と一気に増えます。背後には、いじめ、友人関係、成績の優劣、転校などが大きく関係していると考えられています。

不登校は病名ではありませんが、背後に精神病が隠れていることもあります。不登校からひきこもり、家庭内暴力へとつながることもあります。お子さんの様子で気になる症状がある方は、ぜひ一度診察にいらしてください。

不登校の前後にあらわれる主な症状

心の症状

自責感、劣等感、不安感、焦燥感、登校義務感、圧迫感、抑うつ、無気力、強迫症状、恐怖症状など

体の症状

疲労感、違和感、微熱、腹痛、頭痛など

行動化

反抗、暴力、ひきこもり、自傷、自殺など

不登校の原因

年代や個人差によって様々ですが、主な原因として下記のものがあります。

小学校低学年

分離不安(=両親や自宅から離れるのが不安)、家庭環境(両親の不和、過度のしつけなど)、精神病(主に注意欠如多動症、自閉スペクトラム症の発達障害)

小学校高学年以上

いじめ、友人・担任関係、成績の優劣、転校、受験の重圧、精神病(主に注意欠如多動症、自閉スペクトラム症の発達障害)

不登校になりやすい年代と性別

  • 10代前半(中学生)
  • 男女差はほとんどない