抜毛症

抜毛症(ばつもうしょう)って?

毛髪、またはまつ毛を抜きたいという症状が抑えられず、目立つほどに抜いてしまう病気です。抜毛癖(ばつもうへき)とも呼ばれています。

毛髪を抜く前に緊張感の高まりがあり、抜いている最中には快感や解放感があるとされています。しかし、子どもの場合には、癖のようなもので、意識せずに抜いてしまうことが多いようです。これが一時的なものでしたら問題ありませんが、大人になってもやめられなかったり、他の精神病を伴ったりしている場合には、注意が必要です。気になる症状がある方は、一度診察にいらしてください。また、メンタルクリニックいたばしでは、ご家族からの相談も受け付けています。お子さんに気になる症状がある方もご相談ください。

抜毛症(ばつもうしょう)の主な症状

  • 髪の毛や眉毛などの毛を抜いてしまう。(=抜毛)
  • 抜いた毛を食べてしまう。(=食毛)
  • 抜毛を隠そうとする、認めようとしない。

抜毛症(ばつもうしょう)の原因

抜毛症(抜毛癖)の原因は、子どもの場合は、ほとんどが無意識で抜いている癖のようなものです。癖の起こりやすい発達段階や性格、家庭環境などが影響していると言われています。大人の場合は、抜くことは良くないとわかっていてもやめられません。その場合、強迫症に似た衝動のコントロールの悪さがあります。これは脳内回路の不具合があるとともに、不安・緊張が高まるような環境要因も影響していると言われています。

抜毛症(ばつもうしょう)が発症しやすい年代と性別

  • 小学校低学年~中学生頃
  • 男女差は特にない(ただし、成人の場合は女性の方が多いとされている。)