更年期障害

更年期障害って?

閉経に伴って急激な女性ホルモンの減少が原因で起こる心と体の不調のことを言います。女性特有の不調ですが、更年期障害のあらわれ方には個人差があり、更年期になっても約半数の女性にはまったく症状がみられません。しかし、逆を言うとあと半数の女性は、この更年期障害に苦しんでいて、しかも原因がよくわからないままに過ごしてしまうことが多いようです。

治療を受ければ症状は軽くなります。薬による治療以外にも精神療法も有効です。気になる症状がある方は、一度診察にいらしていただければと思います。

更年期障害の主な症状

心の症状

憂うつ、無気力、孤独感、神経質、不安感、焦燥感、情緒不安定、興奮、怒りっぽい、記憶力低下、モノ忘れなど

体の症状

顔のほてり、のぼせ、発汗、手足の冷え・しびれ、息切れ、めまい、耳鳴り、立ちくらみ、頭痛、疲労感、倦怠感、吐き気、食欲不振、腹痛、肩こり、腰痛、背部痛、関節痛、筋肉痛、知覚過敏、頻尿など

更年期障害の原因

女性ホルモンが減少することで起こると言われていますが、約半数の女性は症状がありませんので(女性ホルモンはすべての女性が減少します)はっきりした原因はわかっていません。しかし、不安やストレス、環境の変化などの心の問題が大きく影響しているようです。

更年期障害が発症しやすい年代と性別

  • 40~50代(閉経をはさんだ前後10年間)
  • 女性