うつ病/パニック障害症状のご相談は板橋区のメンタルクリニックいたばしへ 東京都・うつ病 パニック障害治療 うつ病・パニック障害・チック症・選択性緘黙等の診療案内 医院の紹介・交通・最寄り駅・周辺地図 心療内科・精神科・神経科担当 院長の紹介
コンテンツ初めての方の受診ガイド  

その他の病気

●うつ病・パニック障害の受診が増えています

最近うつ病やパニック障害で受診される患者さんが増えています。ほかの多くの病気と同じに、早期診断・治療が、その後の経過に大きく影響します。

少しでも気になることがあれば、早めに治療を受けることをお勧めします。ひとりで悩まず、気持ちを表に出すだけでも楽になることがあります。またご家族の様子が気になるときも、いつでも私たちにご相談ください。

パニック障害
うつ病

躁うつ病

かつて躁うつ病と呼ばれていた病気を、現在では双極性障害と呼びます。この中で、双極I型とされるものは、経過の中でうつ病相と躁病相の両者を呈します。うつ病相でみられる症状は、うつ病と同じ症状です。
躁病相の時はアイデアが次々と湧いたり、注意が次々と別のものに移ったり、誇大妄想、早朝覚醒などがみられます。双極II型とされるものは、うつ病相と軽躁状態を呈します。自殺率が高いのが特徴で、注意を要します。
治療は、うつ病相ではその改善、躁病相ではその改善ということになるのですが、再発性が非常に高く、しばしば長期にわたる再発予防療法を必要とします。その際は気分安定薬と呼ばれる薬剤が、主役となります。

総合失調症

 120人に1人位がかかる病気で、自立を試みる20歳前後に起こりやすく、男性のほうが早く発病します。進学や就職の失敗、失恋などがきっかけとなって発病することもありますが、一時的なことと考えないほうがよいでしょう。
初期には、不眠や頭痛、疲れやすさなど心身の不調を訴えたり、元気がなくなり閉じこもりがちになることがあります。また逆に急に猛勉強を始めたり、占いや宗教に凝りだすこともあります。そのうち、誰も何も言っていないのに人の話し声が聴こえてきたり、電車の中の他人の会話が自分の悪口に思えたり、人込みの中に行くと「見られている」とおびえたり、迫害されていると信じてしまう方が多いようです。
初発であれば、治療で70%以上の方が回復します。大切なのは再発の予防です。なぜならきちんとした治療を続けないと、非常に再発しやすい病気で、再発した場合完全には回復しないこともあるからです。また初期には患者さんご自身は、病気ではないと思っている場合がほとんどです。したがってご家族の協力も重要です。回復過程では、デイ・ケアの利用なども有効です。

睡眠障害

 一般的に、入眠障害、中途覚醒、早朝覚醒、熟眠障害(浅眠感)などに分けられています。入眠障害や中途覚醒は精神生理性不眠(一種の不眠恐怖症で、一般に不眠症と呼ばれるものの大半を占めます)で、早朝覚醒はうつ病や躁状態でしばしばみられます。しかし、統合失調症(精神分裂病)やノイローゼ(神経症)などの疾患も、最初期症状は睡眠障害であることがしばしばなので注意してください。
いずれにしてもわたくし達が治療する場合、ただ睡眠薬を出すのではなく、その背後にあるものを入念にチエックします。そしてうつ状態であれば先ず抗うつ剤により改善を目指します。睡眠薬を投与する場合も、漫然と長期投与はいたしません。

対人恐怖

 比較的小人数の集団内で(パニック障害のような雑踏とは対照的に)他の人々から注視される恐れを中心として、そのような状況を回避するようになる病気です。症状としては、赤面、手のふるえ、吐き気あるいは頻尿などがあります。家族と居る時や、人ごみの中では症状は起こりません。社会恐怖とも呼ばれています。なかなか治りにくい病気ですが、精神療法や、自律訓練法、薬物療法を組み合わせることによって、症状は今よりずいぶん楽になります。

不安障害

 病像の中心は全般的・持続的で、いかなる特殊な周囲の状況にも限定されない不安です。主要症状はきわめてさまざまですが、たえずいらいらしている、手や体のふるえ、筋肉の緊張、発汗、頭のふらつき、動悸、めまいとみぞおちの不快などがよくみられます。他の精神的障害を合併する比率が高いことが知られています。したがって、早期からの治療が、とても重要です。

死別反応

 近親者の死に伴って現れる精神症状です。最も多いのが抑うつ状態ですが、急な事故でお子様を亡くされたりすると錯乱状態になることもあります。実際に多いのは中高年層で、配偶者を亡くされた場合です。平均寿命の関係もあり、女性の方が多いのが現状です。生前仲が良ければ良いほど、また死亡について後悔(もっと体調を気遣ってあげてたら、もっと早く救急車を呼んでいたら)していればしているほど、症状は長引きます。
抑うつ状態の場合、治療はうつ病と同じです。早く立ち直るコツは、お茶やお花の教室、フィットネスクラブなどに入って、仲間を作ることです。すると自然にお茶や食事、旅行に誘われ、だんだんと回復していきます。