うつ病/パニック障害症状のご相談は板橋区のメンタルクリニックいたばしへ 東京都・うつ病 パニック障害治療 うつ病・パニック障害・チック症・選択性緘黙等の診療案内 医院の紹介・交通・最寄り駅・周辺地図 心療内科・精神科・神経科担当 院長の紹介
コンテンツ初めての方の受診ガイド  

精神科デイケア

デイケアプログラム リワークプログラム カウンセリングルーム
クリニックの2階に、精神科デイケア(保険医療適用)を併設しています。
デイケアルームでは、就労・復職や就学・復学をめざす方を対象に、社会復帰や復職支援のための様々なプログラムをおこなっています。

デイケアとは?

仕事や学校へ行きたいと考えていても、なかなか外へ出られない
一日中家で過ごし、生活のリズムがつかめない
人間関係がうまくいかない

このような悩みを持った人たちが集まり、さまざまなプログラムや仲間との交流を通して、自らの病気を理解し、地域の中で生活を営む技術を身につける場です

● デイ・ケアの目的

規則正しい生活リズムを身につける
人との付き合い方を学んだり、仲間を作る
自分のペースで病気との付き合い方を知り、自分に合う目標を立てる
社会人として必要な生活習慣を身に付け、就労・就学への準備を行う

● デイ・ケアを利用するには

服薬や金銭管理などが自分でできることが前提となります
参加を希望される方は、主治医やご家族とよく相談の上、お申し込みください

● 費用

保険医療の適用となりますが、毎日参加されるとご負担もそれなりの額となってしまいます。
公的な支援制度 ( 所得によって限度額の差はありますが ) もありますので、主治医もしくはデイケア・スタッフにご相談ください。

● プログラムの内容

パソコン、軽スポーツ、料理、英会話、話し合いなどがあり、その他、さまざまな活動を計画しています
月曜日から金曜日の午前10時から午後4時までです

● 各自で用意していただくもの

・室内シューズ (室内で軽体操や卓球をすることがあります)
・マグカップ
・スポーツのプログラムがある日はスポーツができる服装で
・料理の日は料理用エプロンや三角巾など、のようにプログラムに応じたもの
・昼食 (持参、または近くで購入)
(料理教室のある日は、作ったものをみんなで昼食として食べますので用意する必要はありません)

● デイ・ケアに参加する上でご理解していただきたいこと

精神状態に変化の兆候がありましたら、すぐに主治医に申し出てください

●デイケアプログラム (H18 4月3日から)

    月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日  
  10 朝の会 朝の会 朝の会 朝の会 朝の会  
個人プログラム 料理
【第2週目は13:15〜ソフトバレーボール練習東板橋体育館のため料理なし】
個人プログラム 【1・3・5週】 ・映画鑑賞または・院外プログラム
【2・4週】書道(先生来室は4週のみ)     
個人プログラム  
  11  
 
  12 問題解決技法

・しゃべろ場
・その他

 
食事会 食事会 食事会 食事会 食事会  
  13  
SST
(社会技能訓練)
次回のメニュー作成 英会話教室 頭の体操 スポーツ  
  14  
スポーツ 食生活について考える時間 スポーツ スポーツ  
  15  
帰りの会
清掃
帰りの会
清掃
帰りの会
清掃
帰りの会
清掃
帰りの会
清掃
 

※個人プログラム…パソコン、ゲーム、手芸、読書、勉強、漢字学習、100マス計算、塗り絵など各自やりたいことを行なう

リワークプログラム(復職支援)

● リワークプログラムとは

近年、うつ病などの気分障害やストレス関連疾患になり、休職される方が大勢いらっしゃいます。休職により職場環境から離れ、休養をとることで病状は安定しますが、再び職場に復帰するためには、体力面や精神面において準備が必要な方がいらっしゃいます。

そうした休職中の方を対象として、職場復帰を目指すリハビリを目的としたプログラムのことをリワークプログラムといいます。

メンタルクリニックいたばしは、うつ病リワーク研究会の正会員施設です。

● リワークプログラムの目的

  • 職場復帰ができるような心身の状態を目指すこと
  • 病気の再発や再休職を予防すること

就学、就労が目的の場合はデイケアとは?をご覧ください。

● リワークプログラムの対象者

  • 診断名がうつ病またはうつ状態の方
  • 現在休職中であり、復職の意思をお持ちの方
  • 当クリニックに通院中の方
  • 自らを傷つける気持ちはなく、集団行動がとれる方
  • 匿名性を保ち、参加者同士の距離を適度に保つことができる方

※リワークプログラム参加期間中は当クリニックで行われている別のデイ・ナイトケアプログラムへの参加はできません。

● リワークプログラムの流れと内容

はじめは週2日のリワーク・デイケアからスタートし、参加状況や回復度を見ながら、段階的に日数を増やしていきます。

具体的な内容としては、生活リズムの確立や体力の回復を図るプログラム、体力だけでなく、集中力・注意力・持続力など、復職に必要な能力を回復していくためのトレーニング、自分の病気について学びストレスの対処法を身につける練習などを行います。

一人だと気負いすぎたり焦りすぎたりしてしまいがちですが、スタッフと相談しながら、復職に向けての準備を整えていきましょう。

  1. 【導入】
    現在の体調や状態の把握(心理検査等)
  2. 【ステージT 週2日(火・木) 10:00〜16:00】
    体力回復をメインとしたプログラム
    まずは通うことを目的として、生活リズムを整えていきます。
  3. 【ステージU 週3日(月・水・金) 10:00〜16:00】
    集中力・作業能力回復をメインとしたプログラム
    復職基本能力の回復を目的として、自分で課題を設定し、取り組みます。
  4. 【ステージV 週5日(月〜金) 10:00〜16:00】
    体力維持・集中力・作業能力の回復・維持をメインとしたプログラム
    週5日間継続的に参加し、復職準備性を高めることを目標とします。
  5. 【ステージW 週5日(月〜金)10:00〜16:00、ナイトケア 16:00〜20:00】
    体力維持・集中力・作業能力の回復・維持をメインとしたプログラム
    ステージVに加えて、復職後の再休職予防などについても考えていきます。
  6. 【復職】
    月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日  
  10 ミーティング  
個人ワーク グループワーク 個人ワーク 運動、スポーツ 個人ワーク  
  11  
 
  12  
 
  昼休憩  
13 心理教育 運動、スポーツ リラクゼーション 心理教育

メンバー主体
プログラム

 
 
  14  
1分間スピーチ 1週間のふり返り  
  15  
 
  以下、ナイトプログラム  
  16 運動、スポーツ 個人ワーク テーマを基にfree talk 個人ワーク 運動、スポーツ  
   
  17  
  コミュニケーション
ゲーム
プレゼンテーション 運動、スポーツ 個人ワーク リラクゼーション  
  18  
   
  19 ふり返り  
   

● リワークプログラムの費用

当院は保険医療機関・生活保護法指定医療機関・指定自立支援医療機関の指定を受けておりますので、医療保険(一般3割負担)や公費負担制度(自立支援1割負担など)を利用してプログラムを受けていただくことができます。条件によって料金が変わってきますので、詳しくは医師、またはスタッフまでお問い合わせください。